きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

江戸時代後半から、一般庶民は

綿入れや袷の表着に黒襦子やビロードの掛衿をするのが普通でした。

現在の半衿は、長襦袢に付ける掛衿の事を指していますが

喜多川季荘の「守貞漫稿」に「三都とも掛襟を半襟と云」とあり

長着であれ襦袢であれ、本衿の上に掛ける掛衿はすべて半袢と云いました。

それは、掛衿の長さが本衿の半分ほどであったからとも云い

半幅の裂を掛衿として用いたためとも云われます。

掛衿の倍の幅のものを付ける習いでした。

表着に掛衿をかけたのは

本衿のよごれを保護する実用的なものだったと思われます。

 

○半衿の素材 ― 正絹、化繊

○半衿の種類 ― 白の塩瀬(一般的)

刺繍、絞り、友禅染め(小紋柄)、縮緬、色もの

 

刺繍の半衿や色半衿を楽しむ人が増えてきました。

次の事に注意し、きもの姿を楽しみましょう。

・合わせ方は、衿もとがうるさくないように

半衿、帯あげ、帯〆のバランスを考えてひかえめな感じで選びましょう

・顔に一番近いところでわずかしか見えない半衿ですが

顔うつりの良いもの、きものの雰囲気に合ったものを使いましょう

・季節感のある衿は、きものや帯の柄合せもちぐはぐにならないように合わせましょう