きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院


7月15日
美術館や警察署など、公共・文化施設を夜間開放し
市民が地域の文化を楽しむ行事、カルチャーナイトが開催されました。
札幌で開催されるようになってから9年、
今回は105の施設が参加、「日本時代衣裳展覧室」は昨年に続き2年目となります。

今回のテーマは「風」。
風に揺れる風鈴の音のように
日本の時代衣裳の美しさがご来場の皆様に安らぎをお届けできたら…

本年は

札幌大学・北海商科大学・市民グループの3団体42名を含む
72名の方にご来館いただきました。


リピーターや留学生・親子連れなど歴史に関心を持つ方々が多く
中でも今回初めて展覧室の存在を知ったという方からは、
「他にない素晴らしい展覧室、
もっと沢山の人に知ってもらいたいですね」とのお言葉をいただきました。


北海道の短い夏の長い夜。
昼間の暑さを払うように、爽やかな風が通り過ぎました。