きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

平成24年度より、全国の中学校技術家庭科授業において「和服の基本的な着装」が新学習指導要項に取り入れられました。また、平成25年度より全国の高校においても、家庭科の「衣生活の文化と生活」の中に衣生活の変遷に関心を持たせ和服の構成上の特徴や被服材料、着装の特徴を理解させることが加わっています。

小林豊子きもの学院 授業風景小林豊子きもの学院 授業風景

これに先駆け、きものDo!(NPO法人日本時代衣裳文化保存会)では、平成18年より全道の小学・中学・高校へ専門の講師を派遣し、きもの授業に取組んでまいりました。
また、中学校の先生を対象にした和服着装指導の養成講座を開催、高等学校では体験研修として服飾文化セミナーを実施し、教育機関でのきもの授業を全面的にバックアップをしております。

小林豊子きもの学院 授業風景小林豊子きもの学院 授業風景

講座では、きものや浴衣のきつけの他、マナーやおもてなしの心など、大切な日本文化も取り入れたプログラムとなっております。
講師の派遣やお問合せなどがございましたら、お気軽にご連絡下さい。