きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

<江戸時代>
公家童直衣姿
(くげわらわのうしすがた)

第17回きもの展作品

童直衣(わらわのうし)は

皇太子・親王・摂関家をはじめ公家の童男(おのわらわ)が

公私の晴れの儀式に着用した童装束(わらわしょうぞく)の一種です。

形状は大人と同様で小寸に仕立てられ

文様を寸法に比例させ小さくして織られています

元服前ですので、冠など被り物は用いません。

この姿は「着袴・深曽木の儀(ちゃっこ・ふかそぎのぎ)」を想定して

右手に横目扇(よこめおおぎ)を、左手には根引の小松と山橘を持つ童直衣姿です。

皇太子殿下は昭和39年(1964)11月1日「童形服・半尻(はんじり)」をお召しになり

「着袴・深曽木の儀」を行っておられます。