きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

<江戸時代・後期>
〈皇女童形服〉細長姿
(ほそながすがた)

第16回きもの展作品

皇女和宮(かずのみや)(仁孝皇女親子)が嘉永4年(1851)

「深曽木の儀(ふかそぎのぎ)」で着用された細長の寸法書が遺されていて

その寸法通りに復元しています。

皇女の細長は「誕生の儀」の贈進に加えられ

五歳の深曽木(ふかそぎ)で着用される嘉儀用(女子装束)の一種です。

3歳の「髪置の儀(かみおきのぎ)」のあと長く伸びた髪を切り揃える祝儀ですが

切るが忌み言葉であることから深曽木(ふかそぎ)、髪曽木(かみそぎ)といい

深批・深削とも書かれます。

「深曽木の儀」は、「着袴の儀(ちゃっこのぎ)」の直後に合わせて行い

紀宮清子内親王殿下は、昭和48年12月18日に行っておられます。