きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

<平安朝>
天皇御祭服姿
(てんのうごさいふく)

第15回きもの展作品

御齋服(ごさいふく)とも書き

御齋衣(ございい)は入襴(にゅうらん)・襴(らん)の雨覆(あまおおい)の仕立に

古様の袍の形式が見られる最も清浄で神聖な御神事服ですが

弘仁12年(802年)に定められ応仁の乱による中断のあと江戸時代中期に再興され

現在は御一代一度の「大嘗祭(だいじょうさい)」と

毎年の「新嘗祭(にいなめさい)」にお召しになられます。

平安時代には6月と12月の「神今食(じんごじき)」の際にも着御しておられます。