きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

<平安朝>
公卿小直衣〈狩衣直衣〉
(くぎょうこのうし〈かりぎぬのうし〉)

第14回きもの展作品

「台記(たいき)」の久安4年(1148)9月11日

宇治左大臣・藤原頼長は

高野詣に「狩衣直衣(かりぎぬのうし)」を着用したことを記しています。

その姿を想定し制作したものですが

表地 白地紋綾紫向唐鳥文(しろじもんあやむらさきむかいからどりもん)

裏地 紫平絹無地(むらさきへいけんむじ)「菊重ね(きくがさね)」としています。

この装束の誕生は平安朝末期と考えられますが

上皇の御料となったのは鎌倉時代と思われ

「甘の御衣(かんのおんぞ)」と呼んでいます。

明治維新後は再興された「節折の儀(よおりのぎ)」などの際に

天皇が御小直衣をお召しになり天皇の御服六種の一つになっています。