きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

<江戸時代>
光格上皇御召「鳩文様」御狩衣
(こうかくじょうこうおめし「はともんよう」おんかりぎぬ)

第13回きもの展作品

装束・衣紋を家職として世襲してこられた高倉家には

禁中・院中御調進装束の控裂が伝えられ

控裂につけられている付箋によって名称や時代などを知ることができます。

濃香地固地綾白鳩文様(こいこうじかたじあやしろはともんよう)表地

二藍平絹(ふたあいへいけん)裏地(苦色重ね(にがいろがさね))の本狩衣は

付箋に明記されている

「光格天皇 文政9年3月調進候分 仙洞御所 御用 御小直衣 本」によって

1826年に調進された「鳩文様」であることがわかり

それを復元、狩衣として製作したものです。