きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

<江戸時代>
光格上皇御狩衣
(こうかくじょうこうおんかりぎぬ)

第12回きもの展作品

高倉家には

宮廷装束に関する数多くの貴重な文書類や控裂(ひかえぎれ)等が伝えられ

一般に不明な点のある裂類についてもそれぞれに名称や時代などが明記され

さらに裂は保存状態が極めて良好であるところから

装束の研究や服飾文化の伝承に多大なる寄与をされています。

本「光格上皇 御狩衣(こうかくじょうこうおんかりぎぬ)」

(表=蘇芳緯白(すおうぬきしろ)・八曜菊文(やつようきくもん)・固地綾(かたじあや)

裏=縹色(はなだいろ)・平絹(へいけん))は

秘伝の控裂(ひかえぎれ)より選び色目を模して製作されたものです。

(株式会社 井筒・謹製