きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

<安土桃山時代>
武家 腰巻姿
(ぶけこしまきすがた)

第10回きもの展作品

武家上流婦人は夏期には冬期の「打掛」ではなく衣を腰に巻きつけ

上半身を脱いだ「腰巻姿」となりました。

江戸時代にうけつがれ幕末まで用いられています。

お市の方(浅井長政夫人・織田信長の妹)の肖像画を参考にして製作されたものです。