きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

<平安朝>
公家女房 褻の小袿姿
(くげにょうぼうけのこうちぎすがた)

第8回きもの展作品

小袿(こうちぎ)の小には

小寸説や公に対する私とする説などがありますが

ここでは藝の服装を想定して

小袖に長袴をつけ、その上に単と小袿(こうちぎ)だけを着装しています。

近世の小袿(こうちぎ)は袿(うちぎ)と同形で

表地と裏地(退(おめ)り)の間に別裂(中倍(なかべ))を加えたものをいいます。