きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

<平安朝>
公家若年女子 細長姿
(くげじゃくねんじょしほそながすがた)

第3回きもの展作品

若い公家女子の私的な晴着として用いられた表着で

垂領で衽がなく、腋と後身があけられ、当帯を結びます。

衵(あこめ)、単をつけ、濃色の長袴をはいている平安朝末期の姿です。

細くて長いものから「細長(ほそなが)」の名称になったと言われ

清少納言が、「枕草子」に

衣の名に細長をばさも言ひつべし… と書きのこしていますように

細くて長いものであることだけは確かと思われますが

その形態についての資料もなく

平安朝の細長については推測の域を脱し得ないでいます。