きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

<平安朝>
白拍子水干姿
(しらびょうしすいかんすがた)

第2回きもの展作品
白拍子水干姿
水干とはしなやかに着られるようにと、

糊を使わず水張りにして干した絹の名前ですが、

これが衣服の名になりました。

立烏帽子をかぶり細太刀を佩ぶ

白拍子と呼ばれる男装の舞妓の平安朝末期の姿です。

文治二年(1186年)4月8日

鶴岡八幡宮若宮回廊で舞を奉納した静御前の姿でもあります。

着装体験はこちら