きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

<江戸時代>
宮廷女官 采女装束姿
(きゅうていにょかんうねめしょうぞくすがた)

第2回きもの展作品

采女とは天皇に近侍して神聖なものとされた食事のことなどに奉仕した

宮内省の采女司に属していた女官のことです。

現在も毎年の新嘗祭には臨時に采女の役を命ぜられた女官が

采女装束を着用して神事に奉仕しています。

青梅波文掛衣の上にちはや(小忌衣(おみごろも))をつけた

明治・大正・昭和・平成と伝えられる姿です。