きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

<明治時代>
勅任官 束帯姿
(ちょくにんかんそくたいすがた)

第1回きもの展作品

御大礼の勅任官纔着(さいじゃく)(裾がわずかに地に着く)

縫腋袍束帯姿です。

束帯という名前は、石帯で束ねる姿に由来し、

文武百官が朝廷の公事の時に着用する朝服の名称ですが、

平安後期以後は天皇即位式の時以外の大礼に用いられた礼装です。

明治からは即位式にも用いられています。