きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

<江戸時代>
十二単〈女房装束〉姿
(じゅうにひとえ〈にょうぼうしょうぞく〉すがた)

第1回きもの展作品

天保14年(1843年)に整えられ現代に伝わる髪型を

「大すべらかし」にした十二単姿です。

「十二単」の呼称の初見は

「源平盛衰記」(1250年頃)の女院御入水の条ですが、

この御姿は、単(ひとえ)を十二枚重ねたものと思われます。

女房装束の唐衣裳姿を十二単の俗称で呼ぶようになったのは、

江戸時代からと伝えられます。