きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

8月18・19日、札幌市定山渓万世閣ホテルミリオーネにて
第54期教授補後期講座が行われました。

宮島学長の講義とともに
壇上では時代衣裳の着装が
着装道宮島流衣紋の方々により進められ
受講生のみなさんは
見逃さないよう、聞き逃さないよう、書き漏らさないよう
目、耳、手をフル稼動させメモをとっていました。





衣紋方の一挙手一投足、全てが美しいお手本、
いつしか自分の姿を重ねてゆきます。



そしていよいよ認定式。
次期家元小林豊靖若宗家より、名看が授与されます。
おひとりおひとり、若宗家からねぎらいの言葉をかけられ
感動の面持ち。



ここまで導いてくださった先生、
支えてくれた家族に感謝の気持ちを伝え
仲間と共に喜びを分かち合いました。


しっかり学んだ理論を教授講座で実践です。
来年、またお会いしましょう!!