きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

9月20・21日 小林豊子きもの学院札幌本校にて
恒例の秋の勉強会を実施しました。

当学院にてきつけや和裁・組紐などを学んだ方、
学んでいる方がご参加、
見た目には判別しにくい「訪問着」と「付下げ」の違いや
「繰越し」と「打ち上げ」のある理由と仕組みなど

授業では習ったものの、なかなか理解できない
きものの仕立てについてお勉強いたしました。

そして、
今回はご参加のみなさまにおもてなしスイーツをご用意。

学院講師がきつけ授業を担当する札幌ブライダル専門学校にある
「スイーツパティシエ科」の学生さん達に依頼し、
秋・和などをコンセプトにオリジナルスイーツを作成していただきました。


授業の一環としておつくりいただいたのは「抹茶モンブラン」
年齢層がやや高め(失礼!)の参加者にも
「食べやすい、おいしい、かわいい」と大好評。


幸せなひととき、スイーツパティシエ科のみなさん、ありがとうございました。