きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

北海道、東京をはじめニューヨーク(カーネギーホール)、台湾、トルコ共和国など海外へ活躍の場を広げ、世界の方へ日本伝統音楽の魅力を伝えるために活動の幅を広げている、
津軽三味線奏者 忍弥さん。
学院の新年会等でお世話になっていますので、ご存知の方も多いのでは。
このたび、その忍弥さんが出演する、
震災復興応援チャリティーJAPAN×竹あかり
津軽三味線コンサート『音と光の饗宴』
が開催されます。

コンサートは3部構成。
第1部・・・津軽三味線演奏・大合奏(和装、元佐藤俊彦流三絃会の奏者、教え子、民謡歌手との共演
第2部・・・小林豊子きもの学院きつけ舞 演舞
・・・・・風呂敷文化講習会(講師:日本風呂敷文化協会 久保村正高/ナビゲーター:日本風呂敷文化協会認定 北海道代表 横山芳江)
・・・・・第1回日本風呂敷文化~包~デザインコンペ授賞式
第3部・・・和と洋のセッション(津軽三味線 忍弥オリジナル曲他、ドラマー:新井田孝則)

竹の再利用として、作られたランプシェードが照らし出す幻想的なステージに三味線の音色、そしてきつけ舞が見られます。
このきつけ舞、音楽に合わせてきものを着上げていきます。出演者の中には、今回初舞台となる先生も・・・
その美しさ、妖艶さをぜひステージでご覧頂きたいと思います。

日にち:9月24日(日)
時 間:16:00開場・17:00開演(終了予定時間20:30)
会 場:わくわくホリデーホール(札幌市中央区北1条西1丁目)


チケットは学院でもとり扱っているほか、
チケットぴあ、道新プレイガイドでもご購入いただけます。

音と光の饗宴ポスター

忍弥さんにサインを書いてもらいました!