きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

本日 小林豊子きもの学院北海道 札幌校にて

着装道宮島流衣紋研修道場 今年度4回目の研修会が開かれました。

種目が「白拍子」に変り、相モデルでの実習のため浴衣姿で臨みます。

 

白拍子」とは

白い男性装束をつけ今様(平安時代の歌謡)を歌い舞うパフォーマー

源義経の愛妻・静御前をはじめ

平清盛に寵愛された妓王・妓女姉妹、佛御前などが有名ですね。

いずれもがその美貌と卓越した技芸により代に名を響かせるも

悲哀に満ちた終焉を迎える女性達です。

 

男性装束を女性に着装するという特殊生にまつわる背景から

知れば知るほど興味が沸き立ってまいります。
IMG_7273

今回の研修では、

十二単にも必要な長袴の着装をしっかりと復習し

より美しい完成を目指しました。

もちろん、所作もしっかりと。

IMG_7274

この後は

帯広・旭川・室蘭・函館・苫小牧 各校にて開催されます。

 

ご質問・お問い合せは コチラ