きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

1月23日 北海道神宮にて

挙式での十二単・束帯姿の衣裳貸出し

ならびに お着つけを担当させていただきました。

IMG_7151
12月に前撮りを済ませ、当日は二度目の着用

「打掛姿よりも十二単の方がラクでした」

とおっしゃるご新婦様は

「身体にしっとりと馴染むような感じがします」

とのこと。

正絹で作られた衣裳は

実際に袖を通すことでその真価を感じ取られるものなのですね。

IMG_7184

最近ではめずらしく感じてしまうほど

ご親族の方々にはおきもの姿が多く見られ

きものへの関心も高いご様子で

着装を担当させていただいた

着装道宮島流衣紋研修道場の衣紋方に

沢山の質問が寄せられておりました。

 

記念撮影では観光客の注目を一身に集め

笑顔の絶えないおふたり

IMG_7198

 

IMG_7197

喜びの瞬間に立ち会わせていただけますことに心より感謝を…

おふたりの末永いお幸せをお祈り申し上げます。

 

十二単・束帯衣裳に関するお問い合せは コチラ