きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

七五三の祝いは

子どもの心身の成長の節目にあたる縁起の良い奇数の年の

11月15日に行います。

男児五歳、女児三歳、七歳に晴着を着せ

親子そろって神社にお参りし

無事の成長を感謝し、神様の加護をお願いします。

 

江戸時代に始まった儀式

・三歳「髪置」

七五三_01この日を境に男女とも髪を伸ばし

白髪になるまで長生きするように願いました。

・五歳「袴着」

七五三_02男児が袴をつけ

基盤の上に載せ天下を取る願いを込めたと言われます。

・七歳「帯解」

七五三_03付け紐で着ていたきものから

帯を結ぶきものに変え

形式ですがこの日から一人前として扱いました

 

七五三が11月15日に行われるようになったのは

徳川家光の四男(徳松)、後の五代将軍綱吉が

五歳の祝いを

1650年(慶安3年)11月15日に行ったのが始まりです。

この日は陰陽道の鬼が出歩かない鬼宿日で

吉日にあたります。

 

千歳飴は、千年も長生きできるようにと

紅白の長い棒状の飴を年の数だけ入れて持つ縁起物。

江戸時代神田明神で売られたのが始まりです。

 

生まれて七歳になるまでの間

いろいろな祭りが行われるのは

昔から「七歳までは神の子」として神と人との世界の

両方にまたがっていると考えられていました。

 

雪の降る北海道では

一カ月早めて10月15日に行う所もあります。