きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

手紙のマナーをご存知ですか?

お世話になった人へ出す礼状から

仕事上の依頼やお詫びを伝えるビジネスレターまで

どうしても手紙でなければ伝わらない

用件や状況があります。

メールがいくら得意でも、メールでは駄目…

失礼のない手紙を書く事は

社会人の必須の能力です。

 

【 手紙の常識 】

・縦書き

漢字、かな文字は文字を縦書きする文化の中で育まれてきました

丁寧な手紙には、縦書きが基本です

・便箋

便箋一枚は避けましょう

白紙の便箋を添付する事もあります

出来たら2枚目まで文章を書きましょう

・修正

基本的には、間違ったら書き直しましょう

修正液を用いる方法はごくごく親しい相手のみにして下さい

・葉書

一般的に葉書は略式、特に目上の方は封書にしましょう。

 

【 頭語と結語 】

用件ごとの頭語・結語の組合わせです

・日常の手紙

拝啓、一筆申し上げます ・ 敬具、かしこ、さようなら

・改まった手紙

謹啓、謹んで申し上げます ・ 謹言、敬白、かしこ

・緊急の手紙

急啓、急呈、取り急ぎ申し上げます ・ 草々、かしこ

・前文を省略

前略、冠省、前文をお許し下さい ・ 草々、かしこ

・返信

拝復、お手紙拝見しました ・ 敬具、かしこ

・再信

再啓、重ねて申し上げます ・ 敬具 かしこ