きつけを学ぶなら、伝統の小林豊子きもの学院

1月8日、小林豊子きもの学院北海道本部において

今年度2回目となります「中学校技術家庭科教諭和服着装指導者育成講座」を実施いたしました。

IMG_4211

 

IMG_4226

夏に実施の浴衣の他装に続き、袴のきつけを学んでいただきました。

他装ではきつける相手への配慮が不可欠

きつけを通し、他者への思いやりの気持ちを生徒達の心へ伝えていただきたいと願っています。

さらに、日常生活ではもちろん受験面接の際に役立つ挨拶のしかたや話し方、

手紙の書き方や席次などマナーについても実習していただきました。

冬休み中の貴重な1日、今後の生徒指導へ向けての参考となれば幸いです。

きものDo~NPO法人日本時代衣裳文化保存会発足から6年続く講座

今後も、現場に立つ教諭のみなさまのご要望にお応えできるようプログラムを作成したいと存じます。

ご出席のみなさま お疲れさまでした。